【子育て】夫が転職したら育児が10倍楽になった話

スポンサーリンク

f:id:kottanmom:20180524110512j:plain

我が家は夫・私・1歳2ヶ月の娘の3人家族。


私は現在育休中なので、基本娘とは24時間一緒にいる生活をしています。


実はこの5月から夫の勤め先が変わり、私たち家族にとっては新しい生活がスタートしたばかり。


4月の1ヶ月間は有給消化のためまるまる家族3人で過ごしていたので、娘と二人きりの日常は1ヶ月ぶりです。


夫の転職前と後では育児の辛さがまったく変わったので、その理由を分析してみたいと思います。

①二人きりの時間が激減


夫の元の仕事はシフト制。


勤務時間は

・9:00~19:00
・9:30~19:30
・10:00~20:00
・11:00~21:00
・14:00~24:00

といろいろなパターンがあって、


基本的に14:00~24:00の夜勤シフト以外は夫の帰りを待って娘をお風呂に入れていました。


朝が弱い夫は出勤時間が何時だろうがギリギリまで寝ているタイプ。


必然的に、帰りが遅ければ遅いほど夫が娘と会える時間は短くなってしまいます。


言い換えれば、私と娘の二人きりの時間が増えるということ。


それが、転職後は8:30~18:00とかなり朝型に。


夫が帰るとバタバタと夕食を取ってお風呂に入れて寝かせるだけ、という生活から


私が夕食の支度や片付けをしている間に夫と娘が二人で遊ぶ時間ができるようになりました。


これまで娘と二人でいるときや娘が寝た後にやらなければならない家事がほとんどだったので、


娘を見ていてくれる人がいるというだけで大変さが全然違います。


忙しい時間帯にかまってモードになるとつい雑に扱ってしまっていた私ですが、


ゆったりと娘に付き合ってあげられるようになりました。


パパの帰りを待って遅くまで起きていることがなくなり、娘にとっても生活リズムが整うきっかけに。


よく雑誌のタイムスケジュール見本に書いてある“毎日○時にお散歩”なんて我が家には無理だと思っていたのですが、


今では朝と夕方の2回、大好きなわんわんとにゃあにゃを探しにお散歩に出かけるのが日課になりました!


グズグズなときもお散歩に出てしまえばこんなに機嫌がいいのかと驚いています。

②食事が決まった時間に取れる


これまではシフト制で、大人の夕食は夫の帰りの時間次第。


それでは娘には遅すぎるので、先に食べさせてしまうようにしていたのですが、


1歳にもなると大人の食べているものを欲しがるように。


もともと娘は少食で食べムラがすごく、食に悩んでいたこともあり、


食べてくれるときは食べさせたくて、結果リズムがバラバラになってしまっていました。


それが、夫の転職後は一変。


職場が近くなって夫が昼休みも帰ってくるようになったので、お昼も毎日3人で決まった時間に。


夜もほぼ毎日19:00ごろには3人一緒に食卓につけるようになりました。


その結果、それまでが嘘のようにたくさん食べるように!


食事の時間が決まると、おやつやお昼寝のタイミングもわかりやすくなり、


決まった時間におなかがすくようになったみたいです。


それから、娘用に作るとどうしても離乳食の延長のようになってしまいがちだったメニューが、


大人からの取り分けになってバリエーションが増えたこともよかったのかもしれません。


もちろん家族揃っての食事がうれしい、というのも一因だと思います!


市の検診などで食のことについて相談すると必ず言われた


“まずは毎日決まった時間に一緒に食べるようにしてみてください”


というアドバイス


なかなか実行できずにいましたが、本当に食べるようになるんだなぁと身をもって知りました。

③夫の育児スキルがUP


冒頭にも書きましたが、今回の転職に伴い1ヶ月間の有給消化期間があったため、


夫にとっては初めての毎日娘と24時間一緒にいる生活を経験する機会でした。


そのおかげか、ここ最近育児スキルがメキメキ上がっているのを感じます。


オムツを替えたり、絵本を読んだり、ごはんを食べさせたり、仕上げ磨きをしたり。


それまでもお願いすればやってくれていたことですが、


気づいたときに自ら進んでやってくれるようになりました。


自分でやってしまった方が早いようなちょっとした育児をやってくれるとすごく助かりますよね。


もちろんまだまだ気づいてほしい細かなことはたくさんありますが(笑)、


それはまたいずれ書きたいと思っています。

まとめ


最初に夫に「転職したい」と言われたときには生活がガラっと変わることに不安があった私でしたが、


結果的に娘にとってはいいことだらけ。


あのとき反対しなくてよかったと心から思います。


スポンサーリンク