こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

【2018夏】初めてのベネッセ英語コンサートレビュー

スポンサーリンク

昨日は楽しみにしていたベネッセ(しまじろう)の英語コンサート“Let's Go Camping!” に行ってきました!


結論から言うと、1歳5ヶ月の娘でもとっても楽しめましたよ~!


前回英語じゃない方のしまじろうコンサートに行ったのが約3ヶ月前。


あのときは終始ポカンとしていて途中でグズリ出してしまったので、成長を感じました。


▼しまじろうコンサートのレビューはこちら
blog.kottanmom.com


もうこの夏の公演は終わりなのですが、冬にもクリスマス公演があるので検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。


▼クリスマスコンサートの公式HPはこちら
kodomo.benesse.ne.jp

コンサート概要


▲開演前に会場の壁に映し出されていたしまじろう&Mimi


しまじろうコンサートと同じで<前半30分+休憩15分+後半30分+30周年記念特別ステージ>という構成でした。


小さい子どもがいると集中力が続かないので、休憩時間があるのはうれしいですよね。


開演前や休憩中はロビーで外国人の先生たちと英語でふれあえるコーナーが設けられています。(娘にはまだ無理そうだったのでまた次回。)


ステージは基本的に撮影NGですが、最後の30周年記念特別ステージのみ撮影可(フラッシュ撮影・動画撮影はNG)でした。


公演前にアナウンスされていたにもかかわらず、前の席のママ友軍団が開演直後からずーっとiPhoneでムービー撮影。


画面が視界に入り気になって仕方がなかったので注意してしまいました、、、。(本当に知らなかっただけだったようでトラブルにはならなくてよかった!)

来場者プレゼント


入り口で来場者全員(チケットを持っている人)に配られる袋にはベネッセ関連のチラシとコンサートで使うグッズが入っています。


<コンサートで使うもの>
■キャンプのしおり
‥‥登場人物やプログラムが書かれている
■双眼鏡(紙製・組み立て式)‥‥途中で組み立てて覗くよう指示がある
■キャンプバッジ(シール)‥‥途中で胸に貼るよう指示がある



▲しおりの表紙



▲しおりの中身



▲双眼鏡&キャンプバッジ

コンサートの内容


登場するのはしまじろう・Beepy(こどもちゃれんじEnglishのキャラクター)・Mimi(Worldwide Kidsのキャラクター)・Nancy(白人女性)・Andy(白人男性)


しまじろうとNancyは英語と日本語を混ぜて、その他のキャラクターたちは英語のみで話します。


今回は“キャンプに行く”というテーマで、しまじろうコンサート同様ストーリーに沿った歌・ダンス・知育クイズが組み込まれています。


参加型のコンサートなので子どもたちに答えさせる呼びかけがたくさんあり、キャラクターがステージから客席におりてくることも。


私たちは前から7列目の席だったので、すぐそばをキャラクターたちが何度も通っていきました!


クイズはシルエットから食べ物の名前を当てたり、イラストの一部からなんの動物か当てたり、1~10まで数を数えたり、と英語で答えることを想定しているためしまじろうコンサートに比べると難易度はかなり低め。


1歳児の娘には日本語で答えるのにちょうどよく(でもなぜかりんごだけは“apple”笑)、幼稚園生の子たちはちゃんと英語で答えられていました。


歌は普段こどもちゃれんじEnglishのDVDで観て知っているものもいくつかあって、特にHead, Shoulders, Knees and ToesEveryone Is Specialは楽しそうに踊っていました。


ただ、ひとつ気になったのはTwinkle, Twinkle, Little Starで、出演者の方が歌っていた歌詞がこどもちゃれんじEnglishのDVDや後述する公式グッズに収録されているものと違っていたこと。


“up above the world so high”の部分が“up above the sky so high”となっていました。


コンサート自体はすごくよかったから、こういうところしっかり統一してほしい、、、。

会場限定グッズ


種類はしまじろうコンサートほど多くないですが、会場限定グッズの販売もありました。


▼グッズのラインナップはこちら


一番人気はコンサートで歌われた曲を収録したCD付のしかけ絵本


私は買わなかったのですが、見本が置いてあったので写真だけ撮ってきました!


f:id:kottanmom:20180903010837j:plain


そして人気No. 2がこちらのBeepyのぬいぐるみ



はい。買ってしまいました、、、。お値段なんと4,800円。高い!!!


なにかで見た記憶があって、しまじろうパペットやはなちゃんのように教材として届くのかと思いきや、まさかの課金制!


手を押すと英語でおしゃべりしたり歌を歌ってくれます。


喜んで遊んでくれてるし次のコンサートにも連れていけるし、、、まぁいっか。

まとめ


子どもも楽しめるし、親も英語の勉強になるし(双眼鏡を“binoculars”て言うの知らなかった)、次回以降もぜひ行きたい!と思いました。


それと、個人的には英語教育に興味のある(熱心な?)親があんなにたくさんいることにビックリ。


娘が小学生になる頃にはみんな当たり前に英語できちゃうのかな。娘よ、頑張ってくれたまえ、、、!


スポンサーリンク