【発想の転換】イタズラをしつけのチャンスに!お片付け伝授法

スポンサーリンク

好奇心旺盛でイタズラ盛りな1歳。


我が家の怪獣も、常になにか新しいイタズラはないかと目をギラギラさせております。


中でも娘の一番のお気に入りは、この棚。



ちょうど手の届く高さに、カラフルで触るとシャカシャカ音のするものがたくさん!


当然のごとく、ちょっと油断すると中のものを床にバラまいてくれちゃいます。


↓こんなかんじ(私がそばにいたので控えめ)



あまりダメダメ言うのもよくないらしいので、危険なとき以外はなるべく好きにさせているのですが、


やられっぱなしもなんか悔しい!!!


ということで、これを利用してお片づけを教えてみることにしました。名付けて「ないない作戦」


やり方はとっても簡単。


①散らかすのは何も言わず見守る
②ある程度やりきったところで「ないないしよう」と声がけ
③ひとつずつ手渡して、「ないない」と言いながら箱の中へ
④しまい終わったらとにかく褒める!


娘はこれで「ないない」を覚えたようで、(※散らかすのをやめたわけではない)


遊び終わったおもちゃを自ら「ないない」と言いながら箱に入れてくれるようになりました。


親にとっても“散らかしたことを怒る”のではなく“片付けたことを褒める”方が気持ちいいですよね。


これからも試行錯誤しながら小さな怪獣のイタズラと向き合っていこうと思います。


スポンサーリンク