こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

ひとりごと

【ひとりごと12】娘の言葉が私にだけ聞き取れるのはなぜか

うちの娘はおしゃべりだ。 まだ2歳前だというのにおおかたのコミュニケーションは言葉だけで取れてしまう。 身体が小さい分余計に周囲に驚かれるのだが、何を言っているのか私にしか通じないことも多い。 例えば、 お昼を食べているときにお皿に載ったコーン…

【ひとりごと11】ママがブログに打ち込める時間はママがゆっくり遊んでくれる時間でもある

ここ最近、スマホやPCを触る時間が極端に減った。原因は1歳10ヶ月の娘に阻止されることだ。 もともとかまってちゃんな娘ではあるが、明らかな意思を持ってそのタイミングを狙っているように思えて仕方がない。 どうやら娘は私がスマホ・PCをいじる時間が“暇…

【ひとりごと10】体調を崩して気づいた育児の本質と夫の存在意義

先日久しぶりに体調を崩すことがあった。 軽い喉の痛みから始まったただの風邪をこじらせてしまったようで、なんと中耳炎を併発。 幸い熱は出なかったものの、耳の痛みに加え、とめどなく溢れる鼻水と鼻詰まりで鼻呼吸が一切できず、口で呼吸するたびに喉が…

【ひとりごと9】育児の暗黒期にかけてほしかった言葉はなんだっただろうか

私にとって育児が一番しんどかったのはちょうど1年前の冬。離乳食後期の頃。 使える食材や調理法を必死に勉強して頑張って作っても一口も食べてもらえず、それどころかお皿ごと全部床にまき散らされる毎日。 ストローで吸うことはできるのになぜか飲み込まず…

【ひとりごと8】「夫も家事・育児をすべき」へのモヤモヤを言葉にしてみた

最近Twitterで「家事・育児をやらない夫はけしからん」という趣旨のツイートがバズっているのをよく見かける。 これらの発信者は主に家事・育児をしている立場の男性で、共感しているのはそうでない夫を持つ女性が多いイメージ。 「家事・育児を全くやらない…

【ひとりごと7】なぜ緑なのに“青信号”と呼ぶのか

子どもと過ごしていると、それまでなんとも思っていなかったことにふと疑問を感じたりする。 最近娘は信号機を見かけると「みどりしんごう」「きいろしんごう」「あかしんごう」と言う。 言われてみれば確かに緑色だ。しかも英語では“green light”と言うはず…

【ひとりごと6】私が結婚式で読み上げた手紙を母はどう思っただろう

私の母は私が3歳になるまで専業主婦だった。 その後起業した父を手伝う形でワーキングマザーとなり、私は保育園に通うことに。 毎朝母と別れるのが嫌で嫌で仕方なく、迎えに来てくれたときには心からホッとするという感覚を今でも鮮明に覚えている。 5歳のと…

【ひとりごと5】親のスネをかじらなくなる日はやってくるのか

我が家の娘は両家にとって初孫で、私が育休中だということもありどちらの実家にもしょっちゅう顔を出している。 両親は娘におもちゃや洋服を買ってくれるのはもちろんのこと、一緒に出かけたり外食したりした際には当たり前のように私たちの分まで払ってくれ…

【ひとりごと4】子どもが頑張るための原動力は親に褒められることだと思う

私は昔から勉強が得意だった。 私の両親は2人とも大学を出ておらず、どちらかと言えば教育には無関心な方だったと思う。 だから私の人生に“中学受験”という選択肢は与えられなかったし、親に「勉強しなさい」と言われたこともない。 その代わり、いい成績を…

【ひとりごと3】無趣味な人間にとって“育児”は趣味にもなり得る

私はこれまでの人生、無趣味であることがコンプレックスだった。 人並みにおしゃれには興味があるし、マンガも映画も旅行も好きだ。 でもどれも“趣味”と呼べるほどのものじゃない。 ネイルのデザインを考えてサロンでやってもらうのは好きだったけど、自分で…

【ひとりごと2】ファッションセンターしまむらはダサいのか

いまやユニクロに次ぐ業界第2位の売上を誇るしまむら。 地元企業だったこともあり、私にとっては小さい頃から馴染みのある店だった。 紫がかった茶色のビニール袋。「しまむら安心価格」と書かれた値札。ラックにぎゅうぎゅう詰めにされた洋服たち。 ここ十…

【ひとりごと1】子どもに「生き物が食べ物になる」を教えるのは難しい

先日4ヶ月目のブログ運営報告内で言及していた“ブログの個性”問題。 blog.kottanmom.com いろいろ考えた結果、普段の記事の合間に私の<ひとりごと>という形で綴った記事を書いてみることにした。 イメージ画像も、引用や参考文献もなく、検索なんてされそ…

スポンサーリンク