こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

【課金なしでも楽しめる!】アンパンマンの知育アプリ

スポンサーリンク

アンパンマンミュージアムに行って以来、アンパンマン愛が日に日に強くなっている娘。


つい先日SNSで“アンパンマンアプリ”なるものがあると知ったのでさっそく探してみることに。


Appストアで評価が高かったのはこちらの「うたって!おどって!アンパンマン」というアプリ。



www.anpanman.jp


公式サイトによると、対象年齢は8ヶ月~5歳。アンパンマンの主題歌などに合わせてキャラクターたちを動かして遊ぶゲームです。


私もダウンロードしてみたのですが、月額600円(Androidは540円)はちょっと高い…。


最初に無料で11回お試しできるのでその分はやってみましたが、娘の食いつきもイマイチでした。


そこで次に見つけたのがこちらの「アンパンマンとこれなあに?」というアプリです。



www.anpanman.jp


対象年齢の明記はないのですが、公式サイトにある大学教授の推薦コメントには

1歳代から2歳代は特にものの名前を知りたがる時期です。

とあるので1歳・2歳向けだと思われます。


このアプリ、結論から言うと最高!1歳7ヶ月の娘がどハマりして毎日遊んでいます。

「アンパンマンとこれなあに?」ってどんなアプリ?


タイトルにもある通り、基本は「これなあに?」の問いかけに答える形でものの名前を覚えていく知育アプリです。



「のりもの」「せいかつ」「しぜん」「たべもの」「どうぶつ」「いろ」の6つのジャンルから選んで遊べます。


それぞれのパックは1つ360円で解放することができ、一度課金すれば何度でも繰り返しプレイ可能です。


タッチのみの簡単操作なので、うちの1歳7ヶ月の娘も最初にちょっとヒントをあげればひとりで遊べています。


プレイ時間の制限ができたり、課金ページに移動するときは計算結果を入力しなければならなかったり、子どもに安心して遊ばせられる工夫も。


病院の待ち時間などちょっとした時間のグズり対策に便利なアプリです。

無課金でも楽しめる?


課金をしなくても、<おためしパック>は初めから解放されています。



我が家の場合、私がいろいろとやらせたくなって課金してしまったのですが、娘はこの5種類のゲームだけでも十分満足していました!


課金なしでも十分楽しめるアプリだと思います。

課金する価値はある?


私は娘に<のりものパック><いろパック>を購入しました。



娘が特にお気に入りなのは、<いろパック>の中の「パカッと!カラフルマトリョーシカ」というゲーム。


いろいろな色のマトリョーシカが出てきて、タッチするとパカッと開き色名が表示されるというもの。



最後はアンパンマンのキャラクターがランダムで出てくるところもポイントです。



娘はもう基本的な色はすべて言えるようになってしまっていますが、それでも繰り返し繰り返し遊んでいます。


360円という価格は絵本やおもちゃを買うことを考えたらかなり安い!と思うので、私個人的には課金の価値はかなりあると思っています。

まとめ


小さな子って「これわかる!」が大好きですよね?それを色々なジャンルで何度も体験できるので、ものの名前を覚えたての1・2歳児には最適!


アンパンマン好きのお子さんをお持ちのパパ・ママにはぜひおすすめしたいアプリです。


▼おすすめ記事
blog.kottanmom.com


スポンサーリンク