こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

ドキンちゃんをかわいく描くコツは?書き方の2大ポイント

スポンサーリンク

昔から絵しりとりをすると毎回爆笑を取れるほど絵心がない私。


最近の悩みは、娘に「〇〇描いて!」とリクエストされても上手く描けないことです。


オーソドックスな動物たちはなんとかマスターしたものの、難しいのがキャラクター。


特にドキンちゃんは難関で、アンパンマンやばいきんまんよりバランスが取りにくく、なかなか納得のいく仕上がりにならない…。


試行錯誤の末、なんとかドキンちゃんらしく描けるようになってきたのでコツをメモしておこうと思います。


POINT 1顔周りのオレンジ部分は狭く!


f:id:kottanmom:20181028012336j:plainf:id:kottanmom:20181028012331j:plain


左右を見比べてみてください。


どうですか?左の方がかわいく見えませんか?


最初にドキンちゃんを描こうと思ったとき、なぜか宇宙人のようになってしまい夫に笑われました。


本物と比べてみて気づいたその原因は、ズバリふちの取り方!


オレンジの部分を狭くして輪郭いっぱいに白い部分をつくる方がドキンちゃんらしくなります。


POINT 2目・鼻・口を近づける


f:id:kottanmom:20181028012336j:plainf:id:kottanmom:20181028012321j:plain


次は顔のパーツの配置。


まん丸に顔を描いてふち取りをしたあと、右のように顔全体にパーツを配置しようとすると、どうしても違和感のある顔に。


ところが、目の下の線と鼻を横一列にし、鼻と口をなるべく近づけるように描くとかわいらしい表情になりました!


まだまだクオリティに波があり描く度に顔が変わってしまいますが、研究の甲斐あってなんとか娘にドキンちゃんだと認識してもらえているようです。


きっと絵のうまい人はこんな研究しなくともかわいく描けるんだろうな…。


スポンサーリンク