こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

【子連れ海外】1歳児の長時間フライト必須アイテム5選

スポンサーリンク

子連れでの旅行にはいろいろな心配事がついてまわりますよね。


我が家は娘が1歳1ヶ月のときに初めて家族3人で海外旅行に行きました。


行き先はインドネシアのバリ島


時差は1時間しかなく、ホテルの設備も整っていそうだったので、一番の心配は約7時間のフライトでした。


娘にとっては飛行機そのものが初めてで、どうなることやらと当日までドキドキでしたが、


飽きさせないよう事前準備していたおかげで、なんとか乗り切ることができました!


ここでは機内で実際に活躍したアイテム5つについて書いていきたいと思います。

①お菓子

それまで食べさせたことのなかったものも含め、多めにお菓子を持っていきました。


普段はおやつの時間にせいぜい小分けの1パックしかあげないため、飽きてきたら自由に選ばせてごまかす作戦。


さすがにおなかいっぱいになったようで後半は効果半減でしたが、お菓子にはだいぶ助けられました。


離着陸時の耳抜きにはアメがいいと聞いたのですが、1歳ではまだアメは食べられないため代わりにラムネを用意。

そのおかげかはわかりませんが、離着陸で泣くことはなかったです。


娘は初めて食べたラムネが気に入ったようで、帰国後もおやつバッグに常備するようになりました。

②シールブック

子どもが時間をつぶすにはシールブックが一番!と聞いて、旅行が決まってから少しずつ集めていました。


意外と本屋さんには売っていなくて、動物園のおみやげコーナーやコンビニなどで見つけたら即買い!


リーバンという会社のものは、シールが大きめで1歳児にも貼りやすく、オススメです。

やさしいシールブック どうぶつのおやこ

やさしいシールブック どうぶつのおやこ

(あんなに苦労して集めたのにAmazonにたくさんある、、、!次回の旅行のときにはおとなしくポチろう。笑)


ちなみに犬好きの娘が一番気に入ってくれたのは『いぬとあそぼう』というもの。すべて実写の犬のシールです。


普通の絵本も持っていきましたが、1冊でつぶせる時間が全然違いましたよ。


このときからすっかりシール遊びが好きになった娘ですが、最終兵器なので普段は隠してあります。笑

③オフラインで見られる動画

娘はしまじろうと犬猫が好きなので、アプリを利用してYoutubeから好きそうな動画をいくつかダウンロードしておきました。


ですが、活躍してくれたのはどちらかと言うと娘の日常を撮影した動画たち。


実家でおじいちゃんおばあちゃんと遊んだときのものや、家族で動物園に行ったときの動画など、


自分や知っている人が出てくるのがうれしいようで、何度も何度も繰り返し見ていました。


私のスマホには長くても1分程度のものしか入っていなかったので、もう少し長く、見せることを想定した動画を撮影しておけばよかった、、、。


後半はネタが尽きたので、機内コンテンツの動物ドキュメンタリーも見せてみました。

④手遊び

これはアイテムとはちょっと違いますが。


我が家はおかあさんといっしょを見ていないので、こどもちゃれんじのDVDで覚えたものを中心に、


「こぶた、たぬき、きつね、ねこ」など、歌いながら少し体を動かす遊びをしてグズグズをごまかしました。


道具いらずでこんなに楽しそうにするなんて!普段からDVDを一緒に見ておいてよかったと思いました。

⑤(最後はやっぱり)おっぱい!

おっぱい星人の娘も1歳を過ぎてさすがに1日3回ぐらいに回数が減っていたのですが、


7時間のフライト中になんと5回も飲んでいました。


おっぱいサマサマです。(おかげで旅行中ずっと乳首が痛かったけど、、、。)


母乳で育てていて卒乳を考えているなら、私は旅行が終わってからをオススメします!

まとめ

私は上記5つをフル活用し、お昼と1時間ぐらいのお昼寝を挟んで、本当に”なんとか”7時間クリア。


最悪抱っこひもで機内をうろうろしようと思っていましたが、それは回避できました。


今回は空いている時期だったこともあり、航空会社(ガルーダ・インドネシア)が本来座席なしの娘の分も用意してくれて、


ベルト着用サインがない間、その席でつかまり立ちさせられたのも大きかったです。


帰りは夜中の便だったため、バシネットを用意してもらい、運よくずーっと爆睡。


もっと小さければ行きももう少し寝てくれて、もっと大きければもう少し遊んでくれると思うので、一番大変な時期だったのかも。


小さなお子さん連れでのご旅行を検討されている方は、ぜひご参考になさってください!


スポンサーリンク