こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

【1歳1ヶ月】遅すぎた娘のハイハイデビュー

スポンサーリンク

ハイハイって赤ちゃん時代にしか見られない貴重な姿ですよね。


私も我が子のハイハイを早く見たい!と心待ちにしていたのですが、、、



一向にする気配がない!!!



生後8ヶ月でようやくズリバイを始めて以来、移動はずーっとズリバイ。


先につかまり立ちとつたい歩きを覚え、お誕生日を迎えるも、、、



やっぱりしない!!!



誕生月に参加したハイハイレースでは最年長なのに一人だけズリバイでした。


体幹を鍛えるためにハイハイは長くした方がいいという話を聞いていたので、必死に見本を見せて促す私。


それでも全くする素振りを見せないので、このまま歩いちゃうのかなーと半ば諦めモードに。


ところが、1歳2ヶ月を目前に控えたある日、突然ズリバイから四つん這いポーズになっているではありませんか!


数日後にはそのまま進めるようになり、本当にびっくりしました。


最初はハイハイしてもすぐにズリバイに戻ってしまっていましたが、1歳3ヶ月になった今ではすっかり上達。


なんで今更できるようになったのかと考えてみると、思い当たるふしが。


ハイハイ覚醒前後、娘の中で階段のぼりがブームだったのです。


つかまり立ちの要領で一段一段のぼっていくのですが、やっているうちにそのスピードがどんどんUP。


自宅・私の実家・義実家の階段を制覇しました。


もしやこれがよかったのか?!


このことを娘さんを発達教室に通わせている友人に話したところ、やはりハイハイの訓練に階段のぼりは効果的なんだとか。


ちなみに娘はまだ歩けないので、スタートは遅かったですが結果的に長くハイハイできています。


発達は人それぞれとわかってはいても、どうしても他の子と比べてしまうもの。


次は早く歩けるようになってほしいのが本音ですが、娘のペースでできるようになるまで気長に待とうと思います。


スポンサーリンク