こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

【ほんのハッピーセット】第5弾の作者は漫画『僕等がいた』の小畑友紀!絵本『すてきなぼうし』レビュー

スポンサーリンク

2/8(金)から始まったほんのハッピーセット第5弾。


私の大好きなチキンタツタが登場したこともあり、さっそく先週末マクドナルドに行ってきました!


今回はハッピーセットのおもちゃがおさるのジョージ/おかあさんといっしょなので、まだまだ通うことになりそうです…。


絵本について


第5弾絵本のタイトルは『すてきなぼうし』です。


今回は24ページとこれまでのものより少しボリュームUP(前回までは20ページでした)。


前回の『ワニくんのながいかお』がコミカルなタッチだったのに対し、今回は水彩画タッチの優しい雰囲気。


作者はおばたゆうきさんなのですが、実はこの方、漫画『僕等がいた』の作者、小畑友紀さんと同一人物なんです!!!

生田斗真さん×吉高由里子さんで映画化もされましたよね!

この『すてきなぼうし』が初めての絵本作品だそうで、リアルタイムで『僕等がいた』を読んでいた私としてはびっくり!多才な方なんですね。

ストーリー


クマくんの持っているすてきなぼうしは、いつもみんなのあこがれの的。


ぼうしをかぶらせてほしいと頼まれても、絶対に貸してあげません。


そんなある日、クマくんのぼうしは風にさらわれて飛んで行ってしまいます。


慌てて探しに出かけたクマくんですが、ぼうしが落ちていたのはクマくんには取りに行けない湖の真ん中。


落ち込んで2晩泣き続けたクマくんでしたが、3日目の朝、リスくんがぼうしを見つけたと知らせに来てくれます。


ところが、やっと見つけたぼうしは小鳥の巣になってしまっていました。


困ったクマくんに、森のみんなは「これと とりかえて あげれば いいよ」と木の枝でつくった不格好な巣を差し出します。


それを見たクマくんが取った行動は、意外なものでした…。

子どもの反応


1歳11ヶ月の娘はこの作品をとても気に入って、読み始めると「もういっかい!」が止まりません。


かわいらしい動物たちのイラストにセリフを多用した適度な文字量、そして子どもにもわかりやすいストーリー展開がその理由かなと思います。


とても初の絵本作品だとは思えないクオリティで、私もとても気に入っています。


小畑さんにはこれからも絵本を描いていってほしいですね。

まとめ


毎回いろいろなテイストの作品が登場するマクドナルドのほんのハッピーセット。


絵本作家に作品を依頼するだけでなく、他分野の方の絵本作家デビューまで後押ししているとは驚きでした!


次回第6弾は4/12(金)スタートです。次はどんな方のどんな作品なのか、楽しみです。

f:id:kottanmom:20190108144824p:plain
出典:今回のハッピーセット 本の紹介 | ファミリー | McDonald's Japan


▼関連記事
blog.kottanmom.com
blog.kottanmom.com
blog.kottanmom.com
blog.kottanmom.com


スポンサーリンク