こったんママの育児日記

子育て中のパパ・ママにシェアしたいこと/子育てをしていて感じたことや考えたことを中心に、マイペースに更新しています。

【ほんのハッピーセット】第6弾絵本『ラッキーカレー』レビュー

スポンサーリンク

4/12(金)から始まったほんのハッピーセット第6弾。


今回はトミカ人気に埋もれてしまっていそうですが、我が家は絵本にしたのでいつも通りレビューを。

絵本『ラッキーカレー』について


第6弾の絵本のタイトルは『ラッキーカレー』


ページ数は前回の第5弾『すてきなぼうし』と同じでした。今後はずっとこのボリュームでいくのかな?


作者はシゲタサヤカさん。主に食べ物を題材にしたユーモア絵本を制作されている作家さんだそうです。


代表作は『オニじゃないよ おにぎりだよ』という作品で、Amazonのレビューでも4.5と高評価でした!どんな内容なのか気になります。


『ラッキーカレー』のストーリーは?


主人公のペコペコさんの晩ごはんはカレーライス。


少しの間席を立って戻ってみると、よそったはずのカレーがない?!


カレーが歩き、カレーがしゃべり、カレーがカレーを作る!


奇想天外な設定で、大人でもクスっと笑えるユーモラスなお話でした。

『ラッキーカレー』の対象年齢は?


読み聞かせなら3・4歳頃~、自分で読むなら小学校2・3年生頃~ぐらいの文章量です。


2歳になったばかりの娘に読み聞かせてみましたが、途中でページをめくってしまって全部は読めませんでした。


娘はまだ「カレー」というものに馴染みがなく、動物なども出てこないので物語に入り込みにくかったのかもしれません。


この作者の他の作品のレビューでも小学生から好評という声が多かったので、“幼児向け絵本”とは言えなそうです。

まとめ


今回の絵本は対象年齢が少し高めでしたが、自分で読むようになるまで長く楽しめそうで私はお気に入りです。


次回第7弾は6/14(金)スタートで、タイトルは『まよなかのくつやさん』。


一体どんな絵本なのか、楽しみですね!


▼関連記事
blog.kottanmom.com
blog.kottanmom.com
blog.kottanmom.com
blog.kottanmom.com
blog.kottanmom.com

スポンサーリンク