こったんママの育児日記

子育て中のパパ・ママにシェアしたいあれこれをマイペースに更新しています。

【幼児向け】「絵探し遊び」を楽しめるおすすめ絵本2選

スポンサーリンク

f:id:kottanmom:20190313183941j:plain

子どもの好きな遊びのひとつ絵探し


うちの娘も「〇〇はどこかな?」「あった!」というやり取りが大好きです。


とはいえ3歳ぐらいまでの小さな子には、2つの絵を見比べる間違い探しや『ウォーリーをさがせ!』のような細かな絵探しはまだ難しいですよね。


そこで今回は、もうすぐ2歳になる娘もお気に入りの絵探し要素のある幼児向け絵本をご紹介したいと思います。

『うずらちゃんのかくれんぼ』


「うずらちゃん」と「ひよこちゃん」がかくれんぼをして遊ぶかわいらしい絵本。


本屋さんでは赤ちゃん向け絵本のコーナーに置いてあることも多く、0歳から読み聞かせても十分楽しめる作品です。


絵探しポイントは3箇所。うずらちゃん→ひよこちゃん→うずらちゃんの順でそれぞれが隠れているシーンです。


2羽は植物に擬態して隠れるのですが、隠れていることは伝わりながら1歳児でも簡単に見つけられる絶妙な描き分けがなされています。


娘はもうどこに隠れているか覚えているはずなのに、読むたびに「あった!」と隠れている場所を指差して教えてくれます。


「じゃんけん ぽん!」で先に隠れる方を決めたり、「もう いいかい」「まあだだよ」といったやり取りが出てきたり、実際のかくれんぼのルールに触れられるところも◎。


幼児期に繰り返し読んであげたい1冊です。

『きんぎょがにげた』


こちらは有名な絵本作家五味太郎さんの作品。


絵探しを主題とした絵本で、1匹の「きんぎょ」が逃げる→紛れる→また逃げるを繰り返していきます。


「こんどは どこ。」というシンプルな問いかけに、子どもは一生懸命ピンク色の「きんぎょ」を探そうとします


裏表紙には「2才~4才むき」とあるのですが、私は娘が1歳半ぐらいの頃に買い与えました。


1ページの中にたくさんのものが描かれているので、初めのうちは目移りしてしまって見つけるのに時間がかかっていましたが、難しすぎることはなかったです。


ただし、目が違うだけで同じ色・形の「きんぎょ」たちに紛れ込む最後の1ページだけは1歳児には意味がわからなかったよう。


最初に読み聞かせたときは1匹1匹全てを「あった!」と指差していたので(笑)、目に注目させて違いを認識させました。


「きんぎょ」だけでなく、「バナナはどれ?」「ぞうさんはどこかな?」など探せるものはたくさんあるので、言葉を覚えたての頃から楽しめると思います!

まとめ


いかがでしたか?


じっと座って絵本の読み聞かせを聞くのが苦手というお子さんも、絵探しなら夢中になれるかもしれません。


ぜひ読んであげてみてくださいね!


▼関連記事
blog.kottanmom.com

スポンサーリンク