こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

【レゴランド値下げ!】改めてテーマパーク入園料を比較してみた

スポンサーリンク

昨日7月19日からレゴランドの入園料が値下げされ、ニュースでも大きく取り上げられていましたね。


高い高いと言われていましたが、実際にUSJやディズニーと比べるとどうなのか?


それぞれの入園料を調べて表にまとめてみました!

レゴランドの新料金は?


レゴランドの値下げが発表されたのは7月18日。夏休みを見据えての改定ですね。



▼改定前の料金表
f:id:kottanmom:20180721153314j:plain
▼改定後の料金表
f:id:kottanmom:20180720150057j:plain

今回の改定で、繁忙期の「ピーク」と閑散期の「オフピーク」で異なる料金設定が導入されました。


詳しいカレンダーは公式サイトで見られますが、土日や夏休み、年末年始などが「ピーク」となっています。


「ピーク」の料金で見ると大人料金は据え置きで、子ども料金を大幅に値下げしたことがわかります。

入園料の比較


ユニバーサルスタジオジャパン・東京ディズニーランド/シーの1dayパスとレゴランドジャパンの当日購入1dayパスの料金を比較してみました。


▼3つのテーマパークの料金比較表
f:id:kottanmom:20180720150236j:plain

値下げにより大人料金・子ども料金共にレゴランドが最安値になりました。


ちなみに、各テーマパークでの「大人」「子ども」の定義は下記の通りです。

f:id:kottanmom:20180720150341j:plain

レゴランドは3歳から子ども料金がかかるので、行くなら2歳までがオススメ!


中高生は「中人」の料金設定のあるディズニーが一番お得ということになります。


また、USJとディズニーにはシニア料金がありますが、今のところレゴランドにはないようですね。

まとめ


いかがでしたか?


せっかく安くなったのなら行ってみよう!と思っていたのですが、変わったのは子ども料金だけ。


どのみち娘はまだ料金がかからないので、我が家にはあまり関係ありませんでした。


でも今回の値下げ報道で水族館なども併設されていることを知ったので、もう少し大きくなったら連れて行ってあげたいと思います。


スポンサーリンク