こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

こどもちゃれんじDVDの収納には無印良品のケースがおすすめ!

スポンサーリンク

皆さんは、こどもちゃれんじの教材として届くDVDの保管ってどうしていますか?


うちの娘は自分でDVDを選びたがるので、届いたときに入っている紙のケースではすぐにボロボロになってしまいます。


実際に、実家に置かせてもらっているDVDのケースはこの通り…。内側のDVDを入れるポケット部分はもっとひどく、テープで補強しています。



そこで私が愛用しているのが、こちらの無印良品のCD・DVD用ケース(税込490円)



店舗ではアルバムなどが売られているコーナーに置かれていることが多く、オンラインストアでも購入可能です。


www.muji.net

無印のDVDケースのメリット・デメリットは?


私が約1年使ってみて感じるメリットとデメリットを挙げてみました。


メリット☑紙製やファイル式のものに比べ頑丈
☑1年分がまとめて収納できる

プラスチック製でカチッとはめ込めるので、子どもが多少乱暴に扱っても中のDVDが折れたり傷ついたりすることがなく安心です。



最近は自分で開けられるようになってきてしまいましたが、なんでも口に入れてしまう赤ちゃん時代には自力では開けられずその点でも安心でした。


ケースを開くと中の仕切りがパタパタと倒せるようになっていて、全部で6枚のDVDをまとめて収納することができます。



こどもちゃれんじのDVDは2ヶ月に1枚届くので、ちょうど1年分がケース1つに収納できることになります。


映画やアニメのDVDと並べて立てておけるので、見た目にもスッキリしますよね!


我が家はEnglishも受講しているので半々で使い半年で1ケースにし、お出かけの際は最新のものが入っている1つのみを持って行くようにしています。


デメリット☑開きすぎると背表紙部分が割れる
☑外から中身がわからない

子どもの雑な扱い方で一日に何度も開け閉めするので、背表紙部分にひびが入ってしまうことがこれまでに二度ありました。


割れた部分が指に刺さると危ないのでチェックするようにはしていますが、メリットの方が大きいのでリピート買いしています。


また、DVDを6枚全部入れると外から中身がわからなくなってしまうので、複数のケースを使い分けるにはシールを貼るなど工夫が必要です。

まとめ


こどもちゃれんじのDVDは繰り返し観るものだからこそ、使い勝手のよいケースを選びたいですよね。


収納に困っているという方は無印良品のケースを試してみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク