こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

【0歳~2歳】いつ何に悩んでいた?月齢別悩みの変遷まとめ(前編)

スポンサーリンク

f:id:kottanmom:20190412201408j:plain

子育てに悩みはつきものですよね。


私自身、ひとつ問題が解決したと思ったらまた新たな問題が浮上してくる、の繰り返しでこの2年間を過ごしてきました。


後から出産した友人に「このぐらいのときってどうだった?」と聞かれる機会も増えてきたのですが、毎回すぐには思い出せずモヤモヤ。


記録の意味も込めて、“いつ頃何に悩んでいたのか”を月齢別にまとめておこうと思います。

新生児期~生後2ヶ月頃の悩み

この頃のできごと☑︎1ヶ月半までは里帰り
☑︎お宮参り
☑︎オムツ新生児→Sに

初めてでわからないことだらけで、この頃はとにかく子育てに関する全てが悩みだったと言っても過言ではありません。


その中から特に辛かった印象のある4つを。

睡眠不足


新生児を抱える母親なら誰しもが悩む“睡眠時間足りない問題”。


私も例に漏れず常に睡眠不足の状態で、入院中はMAX1時間半しか連続した睡眠が取れませんでした。


退院後は少しずつまとめて眠れるようになってきましたが、夜の細切れ睡眠は辛いですよね。


2歳になった今でも夜間授乳をしているので、早く朝までぐっすり寝られるようになりたいです。

肩こりと腱鞘炎


授乳クッションを使っているとはいえ、授乳と抱っこで慢性的に肩こり・腱鞘炎に悩まされていました。


見かねた母が出張マッサージのお店を探してくれ、実家での月1マッサージが今でも習慣になっています。

おっぱいトラブル


初めのうちの乳首の痛みはもちろんのこと、産後2週間頃には乳腺炎も経験。


高熱が出ておっぱいがカチカチになってしまい、病院を受診して授乳中でも飲める抗生剤を服用していました。


乳腺炎にはその後も何度かなりましたが、毎回泣きそうになるほど辛かったです。

先天性心疾患


入院中、突如告げられた娘の先天性心疾患。


命にかかわる病気ではないものの、健康に産んであげられなかったショックで毎日ボロボロ泣いていました。


いずれ手術が必要になるのですが、今では娘の個性のひとつとして受け入れています。

生後3ヶ月〜生後4ヶ月頃の悩み

この頃のできごと☑︎お食い初め
☑︎寝返りができるように
☑︎洋服50→60に

育児に加え家事もこなさなければならなくなり、毎日が必死でした。


ネットで育児について検索しまくっていたのもこの頃です。

黄昏泣き


毎日夕方になるとやってくる原因不明のギャン泣き。


「泣かせておく」ことができなくて、夕飯の支度が思うようにできずストレスでした。


あんなに悩んでいたはずなのに、気づいたらなくなっていていつまで続いたか覚えていないのだから不思議です。

あせも


春生まれの娘はこの頃に夏を迎え、首の下やひじの内側にポツポツとあせもが。


「外から帰ったらシャワーを浴びさせる」「こまめに濡れガーゼで拭いてあげる」といった対策を知れば知るほど、それができていない私が悪いんだと自分を責めていました。


幸い娘の場合は重症化するようなこともなく、出ては消える、を繰り返して夏を終えました。


ムチムチの取れた1歳の夏にはほとんどあせもを見た覚えがありません。

(母の)孤独感


実家から自宅に戻り、娘と2人の時間が増えたこの頃。


まだ会話のできない娘とどう時間を過ごせばいいのかわからず、かと言って放置することもできず。


ただひたすらに誰かが遊びに来るか夫が帰ってくるのを待つ日々でした。


テレビを観たり、スマホをいじったりすることに対する過度な罪悪感も原因のひとつだったと思います。


娘が2歳になり会話ができるようになった今、ワンオペが続いても孤独を感じることはありません。(自由な時間がほしいとは思いますが。)

ママには笑ってくれない


パパが近づくとキャッキャって笑うのに、そこに私が近寄ると無表情、みたいなことが何度もあって…。


娘に嫌われているんじゃないかと本気で悩んでいました。


今では正真正銘のママっ子なので、無用な心配でした。悩んだ時間返してほしい!!!笑

(母の)抜け毛


私の場合はこの頃に産後の抜け毛がスタート。


知識としてそういうことが起こるとは知っていたものの、予想以上の抜けっぷりに驚いた記憶。


ちょっと髪をとかしただけで洗面所が髪の毛だらけになったり、あっという間にお風呂の排水口が詰まったり、と掃除がストレスになっていました。


抜けるのがおさまった後も、生えてきた短いアホ毛や不自然なもみあげに悩まされ続け、最近ようやく落ち着いてきたところです。

生後5ヶ月~6ヶ月頃の悩み

この頃のできごと☑︎離乳食開始
☑︎オムツS→M/テープ→パンツに
☑︎洋服60→70に

離乳食が始まったことでそれまで以上に生活リズムを意識するように。


気軽にお出かけができるようになって、初めて旅行にも行きました。

うんち漏れ


離乳食を始めたことでうんちの形状や量が変わり、うんちの後ろ漏れに悩まされるようになりました。


オムツのメーカーを変えてみたり、いろいろと試行錯誤しているうちに、いつの間にかうんち漏れはなくなっていました。


▼オムツの比較記事はこちら
blog.kottanmom.com

おむつかぶれ


うんち漏れと並行して悩まされたのが、おむつかぶれ。


ゆるうんちが刺激となって、頻繁にお尻がかぶれてしまうように。


おしっこが出たときや拭いたときに痛がって泣くのを見るのが辛かったです。


ひどくなってしまったときは市販のポリベビーを使ってもあまり改善せず、病院でステロイド剤を処方してもらいまいした。


あせものときと同様、「おむつ替えのたびにシャワーで洗い流してあげる」ことを怠った自分のせいだと落ち込みました。

生後7ヶ月~8ヶ月頃の悩み

この頃のできごと☑︎離乳食が2回食に
☑︎おすわりができるように
☑︎ずりばいができるように
☑︎後追い・人見知り
☑︎B型ベビーカーデビュー
さらにフットワークが軽くなり、娘と2人だけで電車に乗って出かけられるように。


ようやくずりばいができるようになったものの、運動面での発達の遅れが気になるようになりました。

離乳食のあれこれ


離乳食が2回食になると「メニューのレパートリーが少ない」「あまり手作りしていない」「時間をきっちり守れない」等々小さな悩みが積み重なっていきました。

夜泣き


夜はまとめて寝てくれるようになってきていたのですが、この頃夜泣きが始まり睡眠不足ぎみに。


他のママから「真夜中にドライブに連れ出す」「夜中に起きて遊び始めてしまう」という話も聞いたので、それに比べれば楽な方だったのかな。

友達ができない


この頃地域の子育て支援センターにちょこちょこ顔を出すようになったのですが、思うように友達ができず落ち込みました。


両実家が近く泊まりに行くことも多かったため、毎日のように通っている方たちの輪になかなか入っていけず。


娘も支援センターや児童館では真顔でフリーズしているだけで、私も「家にいれば家事ができるのに…」と時間を無駄にしている気分に。


同じぐらいの月齢でもニコニコしてズリバイで色々な物を取りに行っている子を見ると、「うちの子は家が好きなのかな」と思わざるを得ませんでした。


今思えば娘はまず観察から入るタイプなので、あのときも他の子や見慣れないおもちゃたちを一生懸命スキャンしていたのだと思います。

歯が生えてこない


SNSで同月齢の子たちが次々に生えてきているのと比べてしまい、なぜか焦っていました。


でも歯が生えるのが遅くて困ったことなんてひとつもありません。

前編まとめ


生後8ヶ月までの月齢別の悩みをまとめてみました。


長くなってしまったので、続きは後編へ。


▼後編はこちらから
blog.kottanmom.com


スポンサーリンク