こったんママの育児日記

子育て中のパパ・ママにシェアしたいあれこれをマイペースに更新しています。

ナイトブラは授乳期にもおすすめ!ワコールのナイトアップブラを使ってみた感想

スポンサーリンク

f:id:kottanmom:20190716115633p:plain

産後の授乳期は母乳がしみてしまったり乳首がこすれて痛かったりして、ノーブラでは寝られませんよね?


私は元々ブラジャーをつけて寝る習慣がなかったので、産後に授乳ブラをして寝るのが本当に苦痛でした。


そんなとき出会ったのがワコールの「ナイトアップブラ」。


少しでも安眠できるようにと試して以来すっかりこのナイトブラの虜になり、今では手放せなくなりました。


この記事では、授乳期にナイトブラをおすすめする3つの理由についてまとめていきます。


授乳期のナイトブラのメリット


ナイトブラとは、夜寝るとき専用のブラジャーのこと。


一般的にはノンワイヤーで後ろのホックなどもない、スポーツブラのようなタイプのものを指します。


カタログ通販ブランドのセシールが2016年におこなったアンケートによると、夜寝るときはブラをつけない派が68.6%と圧倒的。
寝るときブラはつける?つけない?あなどれないナイトブラの効果 - セシール(cecile)より)


この市場に目を付けた下着メーカーが「寝るとき専用!」と謳って売り出したのがナイトブラなのでしょうね。


そんなナイトブラを授乳期に使うメリットを3つご紹介します。

①バストが安定する


妊娠・授乳中ってびっくりするぐらいバストが肥大化しますよね?


大きくなったバストは、仰向けで寝ていても床に向かって流れてきてとっても不快。


ナイトブラをして寝ると、苦しくないのに胸を適度にホールドしてくれるので寝心地抜群です!


その理由は、ワコールのナイトアップブラは睡眠中にかかる重力の向きが立っているときとは違うことを考慮して作られているから。


スポーツブラのような見た目ですが、昼間用のブラジャーとは構造がまったく別物なんです。


だから寝転んだ状態での不快感がないんですね!

②幅広いサイズに対応


産後はバストのサイズが激しく変動しますよね?


私も産後すぐは妊娠前に比べ2カップアップしていましたが、産後1年でほぼ元に戻りました。


ナイトブラは通常のブラジャーとは違い、M・L・LLというサイズ展開なので多少サイズが変わっても安心です。


例えば、ワコールのナイトアップブラであれば、D70もF70も同じLサイズで対応できます。

f:id:kottanmom:20180705214132j:plain
表:ワコールナイトアップブラ商品ページより


ピッタリのサイズに買い替える必要がないのはうれしいですね!

③授乳しやすい


授乳のために作られた授乳ブラにはかないませんが、ワイヤーのないナイトブラは授乳にも便利です。


ポイントは、授乳ブラのように上からブラジャーをめくるのではなく、下からめくっておっぱいを出すこと。


私は夜間授乳をすべて添い乳で済ませてしまっているのですが、ナイトブラでもなんの問題もなく授乳できています。


母乳の分泌量の多いうちは、小さなガーゼを挟み込むのがおすすめ!




ワコールのナイトブラの効果は?使ってみた感想


ナイトブラには皮膚が伸びるのを防ぎ、バストが垂れるのを予防する効果があるとも言われています。


ただしこれには明確な医学的根拠がまだないため、ワコールの公式サイトには

眠る時のバストを独自の構造で包みこむようにささえ適正な位置に安定させることで、睡眠中のバストの不快感をやわらげて、ここちよい眠りへと誘う就寝時用ブラジャー
引用元:ワコール ナイトアップブラ BRA155


と書かれています。


私はもう1年以上ワコールのナイトアップブラをつけて寝ていますが、特にバストアップのような効果は実感していません。


垂れるのを防いだりバストアップを目指すというよりは、心地よく眠ることが目的なんですね。


ワコールのショップで店員さんに下垂の相談をしたところ、垂れる原因は乾燥なので保湿ケアが一番大切だと言われました。


そのときにすすめられたのが、ワコールと資生堂が共同開発したバスト用美容液。



公式サイトによると、ナイトアップブラとの併用がおすすめなんだとか!

産後の授乳期にはナイトブラで快適な睡眠を!


夜泣きなどもありなかなかまとめて睡眠が取れない授乳期のママ。


ナイトブラで少しでも快適な睡眠を手に入れましょう!


>>楽天市場でナイトアップブラを探す<<


スポンサーリンク