こったんママの育児日記

子育て中のパパ・ママにシェアしたいこと/子育てをしていて感じたことや考えたことを中心に、マイペースに更新しています。

ユニクロのウルトラライトダウンが幼児のスリーパーに最適な3つの理由

スポンサーリンク

小さな子どもって、びっくりするほど寝相が悪いですよね?!


現在1歳8ヶ月のうちの娘も例に漏れず、朝まで布団が掛かっていた試しがありません。


実は私たち、夫の仕事の都合で一時的に宮城県に住んでいて、この冬は初めて経験する東北の冬。


これまではブランケットのような素材の普通のスリーパーを着せていたのですが、12月に入り寒さが本格的になるとそれでは心もとない気がして…。


悩んだ挙句、先日娘のスリーパー用に購入したのがユニクロのウルトラライトダウンコンパクトベスト


この商品はキッズサイズがないのですが、レディース向けのXSサイズを娘に着せてみたところ、予想以上にちょうどいいサイズ感でした。



ちなみに娘は身長75cmぐらい。普段は80cmサイズの服を着ています。


今回はこのウルトラライトダウンをスリーパーとしておすすめする3つの理由について書いていきたいと思います。

①薄くて軽い!


ウルトラライトダウンは私も今年初めて買ってインナーダウンとして使っているのですが、その特徴はなんといっても薄くて軽いこと!


私は厚着すると肩が凝ってしまうのですが、この商品は着ていることを忘れるぐらい軽いので、寒い日には部屋着として着ているほどです。


いくら夜布団を蹴ってしまうからといって、寝るときに体の小さな幼児に分厚くて重いものを着せるのはかわいそうですよね。


その点、ウルトラライトダウンのコンパクトベストをスリーパーとして使えば、動きの邪魔にならず寝返りも楽々。


畳んでくるくる丸めれば手のひらサイズまでコンパクトになるので、帰省や旅行に持って行くのにも便利です!


②自宅で洗濯できる!


子どもの物ってできればこまめに洗濯してあげたいですよね。


スリーパーは寝るときに着せるものなので、おねしょなどすぐに洗いたいシチュエーションもあると思います。


通常ダウンジャケットはクリーニング店に出すイメージですが、ウルトラライトダウンの洗濯表示タグには手洗い可の表示がついていました!



これなら安心して子どもに着せられますね。

③吸湿性・放湿性が抜群!


そもそも掛け布団には多くの方が羽毛布団を選びますよね?


羽毛布団は、「軽く、身体にフイットして、吸湿性・放湿性に富むため、さわやかな暖かさが特徴」(出典:羽毛・羽根 素材の特徴 – 日本ふとん製造協同組合(JFMA))だと言われています。


羽毛布団とは水鳥の羽毛であるダウンが50%以上使われている布団のことを指すのですが、ウルトラライトダウンの中綿はダウン90%フェザー10%


なので、ウルトラライトダウンの性質は羽毛布団と同じだと言えます。


吸湿性が高いので保温性に優れ暖かく、放湿性もあるので汗の水分が中にこもることがありません。


フリース素材のスリーパーを着せて寝かせたとき、朝方首の後ろが汗でぐっしょりだったことがあります。それでは逆に冷えてしまいますよね。


汗っかきな幼児には、羽毛のスリーパーが最適と言えると思います。

まとめ


以上が私がスリーパーとしてウルトラライトダウンをおすすめする理由です。


軽くて暖かい羽毛布団を3,990円+税で買えると思えば、価格もかなりお手頃なのではないでしょうか?


XSサイズは店頭での取り扱いは少ないと思うので、確実にGETするにはオンラインショップでの購入が安心。


色によってはすでに完売しているようなので、ぜひチェックしてみてくださいね!


www.uniqlo.com


スポンサーリンク