こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

【てっぱくデビュー】1歳の女の子を連れて鉄道博物館に行ってきました!

スポンサーリンク

今年のクリスマス当日は、娘を連れて鉄道博物館(てっぱく)に行ってきました!


実家・義実家の近くなのですが、これまで行く機会がなく中に入るのは私もこれが初めてでした。


鉄道には全然詳しくないので、子連れ目線でさらっとレビューを書いていきたいと思います。

子連れが大半!


入場料は3歳未満は無料。3歳以上の未就学児は300円と良心的です。


大人は1,300円なので博物館の入場料としては普通ですが、ゆっくり展示を見られるわけではないので付き添い料と考えるとお高め。


普段は火曜が休館日なのですが、この日は特別開館日。冬休みとはいえ平日(しかも午後)だったため館内は空いていました。


客層はざっくり子連れ8割・鉄道ファンのお一人様2割といった感じ。


海外からの観光客と思われるアジア系のファミリーも何組か見かけました。

ベビーカー貸出あり


車で行ったのでうっかりベビーカーを持って行くのを忘れてしまったのですが、入場口右手のカウンターで無料で貸し出ししてくれました。


手続きも名前と電話番号を書くだけという簡単なものでしたよ!


館内はとても広いので、小さなお子さんを連れている場合、各エリアへの移動はベビーカーがおすすめです。


展示ブースごとにベビーカー置き場が確保されていて、見学・体験時は置いておけるようになっていました。

クリスマスらしさも


22日~24日の3連休にはいろいろなクリスマスイベントが開催されたようでしたが、この日は特別な催しはありませんでした。(多分)


でもところどころでクリスマスを感じられるようになっていましたよ。


まず、車両ステーションに展示してある蒸気機関車の先頭にはクリスマスリースが!


f:id:kottanmom:20181227173504j:plain


それから、ところどころにサンタ帽をかぶったスタッフの方がいて、「メリークリスマス」と声をかけるとこちらのカードをもらえました。




娘の反応 〜要予約のもの〜


予約が必要な体験展示の中で今回体験したのは、

☑ミニ運転列車(有料)
☑てっぱくシアター(無料)

の2つ。


シュミレータなどは全て小学生から(一部中学生から)体験可能なのでちびっ子にはこれしか選択肢がありません。


ミニ運転列車体験料200円で、あらかじめ時間指定の整理券をもらう必要があります。



運転そのものは小学生以上のみでしたが、乗車時に「お子さんは膝の上で大丈夫ですよー」と言っていただけたので娘も一緒に運転席へ。


乗る電車は選べないとのことで、私たちが乗ったのはこの成田エクスプレスでした。



私はいまいち運転の感覚がつかめないまま終わってしまいましたが、娘は延々と警笛を鳴らしまくって楽しそうでした。笑


クリスマスだったからなのか、コース内のイルミネーションがとても綺麗でした!(運転&抱っこで写真が撮れず残念。)


てっぱくシアター無料で体験できる3Dシアターです。


あらかじめ希望の回に名前を書いて予約します。


蒸気機関車のお話と新幹線のお話の2種類があり、新幹線の方が人気のようでした。


入り口で聞いてみたところ、新幹線の回なら子どもでも楽しめるということだったので予約。


中は小さな映画館といった雰囲気で、入場時に3Dメガネを受け取ります。


出典:フロアマップ|鉄道博物館 - THE RAILWAY MUSEUM -


3Dメガネがかけられないので娘にはぼやけた映像しか見えなかったはずなのですが、「ぶしゃ(はやぶさ) はしってる〜」「あ!くまち!(こまち)」と大興奮でした。

娘の反応 〜予約不要のもの〜


予約不要な中で娘が楽しんでいたのは

☑鉄道ジオラマ
☑キッズプラザ

の2つ。


と言っても、ジオラマで娘が食いついていたのは電車ではなくこのペンギン。笑



他にもガラガラの観覧席を歩き回ったりして、滞在時間は他のどこよりも長かったです。



キッズプラザはその名の通り小さな子どものためのエリアで、館内で一番混雑していました。


出典:フロアマップ|鉄道博物館 - THE RAILWAY MUSEUM -


人気だったのはプラレールコーナーでしたが、娘は駅弁屋さんごっこコーナーが気に入ったよう。


おもちゃの具材をお弁当箱に詰めて駅弁を完成させられるようになっているのですが、娘はひたすら食べ真似をして遊んでいました。


幼稚園生ぐらいの子が多く、もうちょっと大きくならないと他の子に混ざって遊ぶのは難しいかなぁという印象。


本人はお兄ちゃんお姉ちゃんたちと一緒に遊んでいるつもりなんだろうけど。


今回は行けなかったのですが、てっぱくひろばなる公園ゾーンやキッズライブラリーという子ども向け図書館もあるようなので、次は行ってみたいですね。

おみやげ


おみやげコーナーにはお菓子・おもちゃ・文具・本・洋服などが揃っていてとっても充実していました!


電車好きの子ならあれもこれもとなってしまいそう…。


今回娘におみやげとして買ったのはこちらの音が鳴る絵本。



以前記事にもした娘のお気に入りシリーズなのですが、こちらはこれまで駅では見かけたことがなかったので即決。


なぜ笑うべきものだと知っているのか、「オナラの音」を押しまくってひとりで爆笑しています。笑


▼絵本の記事はこちらから
blog.kottanmom.com

まとめ


今回は博物館らしい展示はほとんど見られなかったのですが、私もそれなりに楽しかったです。


娘は広い館内を自由に歩き回れること自体がうれしかったようで、何もないところでもずっと楽しそうでした!


意外と屋外の部分も多かったので暖かくなった頃にまた行ってみようかな。


もっと近所なら年パスを買って児童館的な使い方ができそうですが、そこまで近いわけでもないので…。


大人も子どもも楽しめる施設なので、まだ行かれたことのない方はぜひ一度訪れてみてください!


スポンサーリンク