こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

【食べづわり】私のつわり対策アイテム5選

スポンサーリンク

私は〈おなかがすくと気持ち悪い〉という典型的な“食べづわり”で、つわり中一度も吐いたことはありませんでした。


食べないと気持ち悪いし、かといって食べ過ぎてもそれはそれで気持ち悪くて、24時間ずーっと車酔いのかんじ。


こんなに苦しいのになんでつわりに効く薬はないんだ!と本気で思っていました。


少しでも楽にしようといろいろ試したり発見した中で、私に合っていたおススメのもの5つをご紹介したいと思います。

①氷

つわりを緩和させるものとして必ず挙げられる


やけに喉が乾くけど、飲み物を飲むと気持ち悪い!というときに氷を食べると楽になりました。


私はつわりのピークが夏だったので余計に冷たいものを欲していたのかも。


気持ち悪くて寝つけないこともあったので、寝る前は必ずコップに氷と少しのお水を入れて枕元に置いていました。

②アップルタイザー

アップルタイザー アップルタイザー 275ml×24本

アップルタイザー アップルタイザー 275ml×24本


私はもともと爽健美茶や十六茶などのノンカフェインのお茶が好きでよく飲んでいたのですが、


妊娠してからなぜかそれ系の味をまったく受け付けなくなってしまいました。


かといってカフェイン入りのものは飲めないし、炭酸がつわりにいいとは聞くも、甘ったるい炭酸飲料はもともと苦手。


仕方がなく水や炭酸水を飲むようにしていたのですが、口の中が不味いので味のない水は全然おいしくない!


そんなある日、友達とランチをしたお店で偶然出合ったのがこのアップルタイザー


炭酸なのに果汁100%で甘過ぎず、飲んだ瞬間これだ!!!となりました。


その日の夜に夫と買いに行き、KALDIの在庫を買い占め。笑


今でもこれを見るとあの頃を思い出します。

③冷凍フルーツミックス


氷で気持ち悪さがやわらぐなら!と思い立ち購入した冷凍フルーツミックス


本来はヨーグルトなどに入れて食べるものだと思いますが、私はそのままパクパク食べていました。


お菓子よりは健康的だし、酸味があるのでお口の中もさっぱり!


何よりわざわざ切ったり剥いたりせず手軽に食べられるのがうれしかったです。


果物好きの方はぜひ試してみてください!

④シゲキックス

味覚糖   シゲキックス ソーダDX   20G×10袋

味覚糖 シゲキックス ソーダDX 20G×10袋


仕事中や電車の中での気持ち悪さ対策として、飴やグミを持ち歩いていた私。


あるときふと「あ!シゲキックス食べたい!」と思い、Amazonで箱買い。


昔好きだったんです。シゲキックス


ほどよい硬さがあって、酸っぱさで気持ち悪さが紛れるので、飽きるまで毎日食べてました。


最終的に何袋か残って、産後もずーっと置いてありましたが。笑

⑤とにかく気分に従う


最後はこれに尽きます!


結局なにを試してみても完全に治ることなんてなくて、試行錯誤しているうちに落ち着く時期がやってくるもの。


食べづわり中は「今これが食べたい!」という気分のものを食べている間だけが心安らぐときでした。


突然「今日はもんじゃな気分!」と言って夫に月島まで連れて行ってもらったこともありました。笑


よく聞くマックのポテトとかポテチはもちろんのこと、


冷めた餃子が食べたい日とかチョコクリームの入ったパンじゃなきゃダメな日とか、とにかく滅茶苦茶でしたね。


その数週間の間に多少体重が増えようが栄養バランスが崩れようが、別に大丈夫!


あまり罪悪感を持たず、食べたいものを食べるのが一番の対策だと思います。


スポンサーリンク