こったんママの育児日記

自身の経験をもとに出産・育児に関する情報を発信していきます。

【体験談】夜間断乳成功までの道のり

スポンサーリンク

f:id:kottanmom:20180615164457j:plain

娘の夜間断乳を始めて1週間。無事に成功したので結果をご報告したいと思います。


↓1歳2ヶ月で夜間断乳を決意した理由についてはこちらにまとめています。

blog.kottanmom.com

目標


今回の目標は2つ。


①添い乳なしで寝られるようになること
②夜泣きせず朝まで眠れるようになること


目指したのはあくまで夜間断乳のみなので、寝かしつけ前と起床後の授乳はやめない前提でスタート。

1日目@自宅


この日の夜中に決断したため、寝かしつけはこれまで通り添い乳で。


3:00ごろに目が覚め、おっぱいを求めてギャン泣き。抱っこであやす。


体感30分ぐらい激しく泣き続けたところで、起きてきた夫に「そろそろ近所迷惑じゃね?」と言われるも、耐える。


水を飲ませようとしても拒否で、結局泣き疲れて寝る。多分合計1時間ぐらい。

2日目@自宅


昼間から「夜はおっぱいもねんねだからね」「夜寝たら朝起きるまでおっぱいないないよ」と言い聞かせる。


それまで<お風呂→歯磨き→寝室→おっぱい>だった順番を<お風呂→おっぱい→歯磨き→寝室>に変更。


絵本を読んで寝かしつけようとするが、遊んでもらってるとしか思っていない模様。


1時間ほどして眠くなってくると「ママ〜パイパイ」と泣き出す。


10分ほど泣き喚いて暴れ、最終的にママの背中の上に乗ったまま寝落ち。かわいすぎた。


夜中も起きるが数分泣いただけで、今度はママのおなかの上で寝る。

3日目@実家


場所が変わったのでどうなるか不安だったが、前日と同じように寝かしつけスタート。


まずは絵本を延々と読まされる。


眠くなったときに一回だけ「パイパイ」と言って泣くも、その後はほとんどグズることなくひたすら寝る体勢探し。


ママの上に乗ってはパタン→しばらくすると動き出す、の繰り返し。


そのうち動かなくなって就寝。


朝方起きたときはトントンのみで再就寝。


次に起きたときは「パイパイ」と要求→飲んでそのまま起床。朝になったら飲めるのが伝わった?

4日目@義実家


またまた場所が変わった上に、お昼寝をほとんどできておらずイレギュラーなリズムに。


抱っこで授乳していると寝そうになっていたので途中でやめて、絵本&子守歌。


この日は一度も「パイパイ」と言うことなく30分で寝落ち。


絵本の後はやっぱりママの上によじ登ったりハイハイで横断したり。スキンシップ?


寝る直前にひと泣きして、なぜか突然起き上がって絵本をめくる→限界がきて後ろにパタン→爆睡。


夜泣きはしなくなる。

5・6日目@実家


授乳→歯磨きのあと絵本を見せると「寝んね」と言うように。


流れを理解したらしく、布団に入った後はおっぱいを求めなくなる。


絵本を読むのをやめると怒って泣き出すが、しばらくすると諦めて寝んねモードに。


おなかの上に乗せてトントン&子守歌で寝かしつけ。


23:00~6:00ぐらいは一度も起きずにまとめて眠れるように。


6:00台になっていれば「もう朝だから飲んでいいよ」とおっぱい解禁。

課題


とりあえず最初に立てた2つの目標はクリアできたので夜間断乳は成功!


ただし、まだ改善したいことも。


・寝かしつけに時間がかかる(平均45分ぐらい)→30分以内にしたい
・絵本→寝るモードへの切り替えがうまくいかず泣いてしまう→一度も泣かずに寝てほしい
・朝の授乳後に二度寝してしまうことがある→理想は起きて授乳なしで朝ごはん


このへんを今後の課題としていきたいと思います。

まとめ


よく「夜間断乳は最初の3日間が勝負!」と言いますが、私の場合も本当に辛かったのは3日目まで。


おっぱいが飲みたいと泣かれると、母親としてはどうしてもあげたくなってしまいます。


今回の成功のポイントは下記の3つ。


・泣かれても心を鬼にして絶対にあげなかった
・おっぱいに代わる寝る合図(絵本)を定着させた
・妥協点(朝になれば飲んでOK)をつくった


このまま自然卒乳を目指して、残された授乳期間を楽しみたいと思います!


スポンサーリンク